株式会社アトムズトップページ > 製品案内|冷媒銅管用フレキシブルジョイント > レフリックス

冷媒銅管用フレキシブルジョイント

レフリックス

冷媒銅管用フレキシブルジョイント レフリックス

カタログPDFをダウンロード

病院・ホテル・電算センター・レトロフィット・学校・一般ビルなどの空調冷媒配管に

★新冷媒配管に威力を発揮

新冷媒の要求する高圧・高温下で、なおかつ繰り返し変位に強い継手として様々な局面で威力を発揮します。

特長

  • 耐圧性能が抜群
    最高使用圧力 ─── 4.3MPa
    破壊圧力 ────── 18Mpa
  • 新冷媒対応 R410A・R407C・R32ほか
  • 接合方法 ろう付接続

用途

 

  • 免震変位吸収、建物のエキスパンション部変位吸収、立て管伸縮吸収
  • 病院・ホテル・電算センター・レトロフィット・学校・一般ビルなどの空調冷媒銅管

ページ上部へ戻る

構造

●レフリックスは結露防止のために保温材を必要とします。

ページ上部へ戻る

寸法表

鋼管
外径
呼び径 JIS 立て1本・L型吊りばねタイプL寸法
φO.D φD 100mm
偏心用
200mm
偏心用
300mm
偏心用
400mm
偏心用
500mm
偏心用
600mm
偏心用
700mm
偏心用
800mm
偏心用
6.35 2分 1/4″ 12.7 17.3 1050

(1300)

1130

(1500)

1200

(1800)

1300

 

1500

 

 

 

1800

 

 

 

2200

 

9.52 3分 3/8″ 16.7 19.1
12.70 4分 1/2″ 19.7 22.0
15.88 5分 5/8″ 25.2 27.1
19.05 6分 3/4″ 31.2 33.0
22.22 7分 (7/8″)
25.40 1吋
(インチ)
1″ 38.2 41.4
28.58 1吋1分 11/8″
31.75 1吋2分 11/4″ 46.2 50.5
34.92 1吋3分 (13/8″)
38.10 1吋4分
(インチ半)
11/2″ 55.2 60.0
41.28 1吋5分 15/8″
44.45 1吋6分 13/4″

※水平1本タイプL寸法はカッコ内をご参照ください。

●立て1本・水平1本タイプでご使用の際は、必ず規定の寸法で取付けてください。(組立図をご参照ください)

ページ上部へ戻る

推奨納まり

  • レフリックスは、軸方向(配管方向)に伸縮する製品ではなく、軸直角方向に変位する製品です。

そのため、レフリックスを1本タイプで取付けた時と比べ、L型タイプで取付けた場合、レフリックスの能力は大幅にアップします。特に免震用として採用いただく場合にはL型タイプを推奨いたします。

ページ上部へ戻る

組立図

 

●立て1本タイプ・L型吊りばねタイプと水平1本タイプの製品寸法は異なります。    ※上記の推奨納まりと組立図はあくまで一例です。ご使用になる現場の状況に適した取付けをしてください。

ページ上部へ戻る

施工上の注意事項

  1. 製品の損傷の有無をご確認ください。
    ※損傷が認められた場合は、使用せずに当社までご一報ください。
  2. レフリックスにねじれや曲げの無いように、取付けてください。
  3. 吸収したい伸縮方向に対して、図1 のようにレフリックスを軸直角に変位するよう取付けてく
    ださい。
    ※レフリックスは軸方向に伸縮するものではありません。
  4. 銅管とレフリックスをろう付けする際には、レフリックス本体のソケットろう付け部分に熱が伝わらないよう、市販の熱遮断剤を使用するか、ぬれ雑巾を被せるなどの熱養生を必ず行ってください(図2 参照)。
    ※ソケットろう付け部分に熱が伝わると、ガス漏れの要因となります。
  5. 室内空調機の近くにレフリックスを取付けると、管径によっては管内流速により、まれに室内空調機の膨張弁からの異音発生を促すことがあります。

ページ上部へ戻る

保管上の注意事項

  1. 製品に損傷を与えないよう充分にご注意ください。
  2. 製品は、曲がった状態で保管しないようご注意ください。
  3. 冷暗所に保管し、直射日光を避けてください。
  4. 製品内部に水分が入らないようご注意ください。腐食の要因となります。

ページ上部へ戻る

ホームページ制作 千葉関連リンク
COPYRIGHT 2011 ATOMS-CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.