株式会社アトムズトップページ > 製品案内|関連部材 > シリコン補修テープ

液体・気体の漏洩補修用

シリコン補修テープ

関連部材 シリコン補修テープ

カタログPDFをダウンロード

各種配管、液体・気体の漏洩補修に

  • 配管やホースからの液体、または気体の漏れ補修用
  • 海水または薬液のかかるパイプ、またはロッドの防食用
  • 電線等の防水または絶縁用
  • 工具・スポーツ用品のグリップ補修用

★幅25mm×長さ3m
★幅38mm×長さ3m

特長

簡単施工

接着剤・粘着剤は不要です。テープを引っ張りながら巻くだけで簡単に補修可能。

作業性抜群

テープ同士が融着するだけで手や相手配管には付着しないため、作業性に優れています。
取外す時もカッターなどで切断すれば簡単に除去できます。

どのような材質・形にも対応

どの様な材質・形状にも巻付けて使用できます。
テープとテープの間に異物が入らなければテープは融着します。

耐熱性抜群

テープの材質はシリコンのため耐熱性抜群です。

構造と寸法

  厚み×幅×長さ 入数
0.5×25mm×3m 24巻
0.5×38mm×3m 16巻
伸び率 300%
引張強度 5N/mm2
耐寒・耐熱性 -50℃~200℃
防水性 吸収率3%以下

 

ページ上部へ戻る

アトムズシリコン補修テープの使用方法と注意点

  1. 漏洩部周辺の錆や汚れなどをきれいに拭取ってください。
  2. 漏洩部から少し離れた所から巻き始めます。
  3. テープとフィルム(離型紙)を剥がしながら巻いていきます。テープの幅が半分になるぐらい、引っ張りながら重なり合うように巻付けてください。
  4. テープとテープの間に水分や端材など異物を挟むとテープは融着しにくくなり効果は半減します。極力異物を挟まないよう注意してください。テープを引っ張りながら、水分などを押し出すように巻くと効果的です。やむを得ず水分を挟んだまま巻いた場合、テープを強く引っ張りながら二層ぐらい余分に巻いてください。
  5. 漏洩部の凹凸が大きい場合、その凹部にテープの塊を埋込んでからテープを強く巻いてください。大きな穴状漏洩部にはテープを丸めて栓のように詰め、穴そのものを小さくしてからテープで補修してください。凹凸の大きい漏洩部や圧力の高い漏洩部では特に漏洩部の周辺に各30mm幅以上しっかり巻くことがポイントです。何層にも重ね巻きする事で耐圧性能はアップします。
  6. 内圧が掛かった状態でも滲んでいる、もしくはポタポタと漏洩している程度であれば補修可能です。当製品の4層による補修作業完了後の最大使用圧力は、0.8Mpa{8.16kgf/cm2}程度です。
  7. 巻付け後、約5~6分でテープ同士はほぼ融着しますが、その後も少しずつ融着し続け、24時間後にほぼ安定します。
  8. 可燃性ガス配管には使用しないでください。当製品には完全な気密性はございませんので大変危険です。また、溶剤(トルエン・ベンゼン・ヘキサンなど)・油類(ガソリン・灯油・潤滑油など)にテープが触れないようご注意ください。

ページ上部へ戻る

ホームページ制作 千葉関連リンク
COPYRIGHT 2011 ATOMS-CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED.